『まちなか多文化かわらばん』 ~仙台の「多文化な」まちづくりを紹介します~

 

皆さんのまわりには、外国出身のおとなりさんやお友だちはいませんか?

仙台市の外国人人口は、今1万人を超えています。※

街のあちこちで、多様な文化を持つ人たちと暮らす「多文化共生」の取り組みが始まっています。

(※2015年12月現在 仙台市の外国人住民数11,298人 仙台市市民局交流政策課 資料)

 

『まちなか多文化かわらばん』は、多文化なまちづくりの様子を、マンガやお役立ち情報と一緒にお届けします。

 

 

【企画・発行】

公益財団法人 仙台観光国際協会(SenTIA / センティア)

 

【配布場所】

仙台国際センター交流コーナー (仙台市青葉区青葉山)

その他、仙台市内公共施設など

 

※無料配布の為、無くなり次第終了となります。ご了承ください。

 

 

 

センティアとは?

仙台観光国際協会の略称です。

センティア国際化事業部では、言葉や習慣の異なる外国人住民も安心して暮らせる多文化共生のまちづくりのため、さまざまな事業を行っています。

 

※2015年4月、仙台国際交流協会(SIRA)と仙台観光コンベンション協会(STCB)が統合し、仙台観光国際協会(SenTIA:Sendai Tourism, Convention and International Association)が設立されました。

 

>> 仙台観光国際協会ウェブサイト